院長ブログ

sp_tel.png

2007.01.27更新

篠崎医院では相変わらずまったりとした時間が流れていますが、そんな中例年より1ヶ月以上遅れて、27日インフルエンザの第1号の患者さんが見えられました。
 前の夜には39.9度の発熱ということですから、並みの風邪とはパワーが違います。関節痛も強くお話からインフルエンザを疑いましたが、インフルエンザ迅速試験を行うと、きれいにA型のラインがでました。 患者さんが希望されたため、タミフルと解熱剤を処方しました。おそらく2日ほどで熱も下がるだろうと思います。 暖冬が続き、流行の開始も極端に遅れていますので、おそらく今シーズン大流行が起こることはないだろうと思いますが、油断は禁物です。ウガイの励行マスクの着用などで予防に心がけてください。 昨年末インフルエンザ検査キットを20人分も仕入れてしまいました。鼻の穴を綿棒でこすって15分で結果が出ますので、心配な方は是非どうぞ。

投稿者: PL607935010

院長ブログ Facebook
メールでのお問い合わせ